メリット・デメリットも把握が必要

バーチャルオフィスを利用しようと思っている個人、また企業はバーチャルオフィスのメリットとデメリットをきちんと把握しておくことが大切です。メリットもデメリットもよく理解して必要なサービスが受けられるバーチャルオフィスの情報を得てきましょう。

まずメリットですが、レンタルオフィスと比較するとコストが格段に違います。通常レンタルオフィスの場合、賃貸物件同様、敷金、礼金がかかります。バーチャルオフィスの場合、こうした費用が必要なく、安くて数千円、高くても数万円で住所をレンタルできます。費用面でかなり有利です。

都心の一等地にオフィスを構えるとなるとかなり費用がかかるため、その地域にオフィスの住所を置くことが仕事上、有利とわかっていても費用面で実現しないことが多いです。でもバーチャルオフィスなら住所を置くことができます。

デメリットとしては銀行口座の開設が難しいという事、社会保険等の公共への申請が通常できないという事、また許可が必要な業種の場合、バーチャルな住所では許認可されないことが多いです。許認可が必要な業種はあらかじめ、許可が下りるかどうか確認が必要です。そして最後に、他の企業や個人事務所と同住所となる事があるので信用面がネックになるという点です。

メリットもデメリットも把握し、必要な情報をしっかり集めて求めるサービスが提供されるバーチャルオフィスを選ぶことが重要なのです。