バーチャルオフィスの種類

バーチャルオフィスといっても種類があります。その種類によって行うサービスにも違いがあります。バーチャルオフィスの中でもインキュベーションオフィスと呼ばれるのが、起業する方々が主に利用するもので、住所や電話などの貸与、さらにコンサルティングなども利用できます。運営母体が地方自治体、公的機関などしっかりしていることが多いので、資金調達などに有利で利用料金も安いけれど、審査がかなり厳しいです。

レンタルオフィスは数名程度が入居できる事務所をレンタルとして提供してくれる業者です。バーチャルオフィスとして利用する場合でも、取引先や顧客との商談のための空間が用意されていることが多いです。

これに加えて電話代行や秘書代行業者がいます。電話をかわりに受けたり、また転送するなどのサービスを行っています。電話番号をレンタルするという事も行っており、応対する事もできるため人気があります。また私書箱を持っていることが多いので、郵便物の預かりなども行ってくれてかなり便利です。

こうしたバーチャルオフィスに参入している業者の特徴を理解し、どのバーチャルオフィスを利用する事が一番望ましいのか、しっかり考えて利用する種類を選択しましょう。