メリット・デメリットも把握が必要

バーチャルオフィスを利用しようと思っている個人、また企業はバーチャルオフィスのメリットとデメリットをきちんと把握しておくことが大切です。メリットもデメリットもよく理解して必要なサービスが受けられるバーチャルオフィスの情報を得てきましょう。

まずメリットですが、レンタルオフィスと比較するとコストが格段に違います。通常レンタルオフィスの場合、賃貸物件同様、敷金、礼金がかかります。バーチャルオフィスの場合、こうした費用が必要なく、安くて数千円、高くても数万円で住所をレンタルできます。費用面でかなり有利です。

都心の一等地にオフィスを構えるとなるとかなり費用がかかるため、その地域にオフィスの住所を置くことが仕事上、有利とわかっていても費用面で実現しないことが多いです。でもバーチャルオフィスなら住所を置くことができます。

デメリットとしては銀行口座の開設が難しいという事、社会保険等の公共への申請が通常できないという事、また許可が必要な業種の場合、バーチャルな住所では許認可されないことが多いです。許認可が必要な業種はあらかじめ、許可が下りるかどうか確認が必要です。そして最後に、他の企業や個人事務所と同住所となる事があるので信用面がネックになるという点です。

メリットもデメリットも把握し、必要な情報をしっかり集めて求めるサービスが提供されるバーチャルオフィスを選ぶことが重要なのです。

利用できるサービスの情報を得る

バーチャルオフィスを運営している業者によって利用できるサービスに違いがあります。サービスの違いについても情報をしっかり集めておかないと、契約してから必要なサービスの提供がないと気が付くこともあり、余計な費用がかかる事もあります。

レンタルオフィス業者が運営するバーチャルオフィスの場合、バーチャルオフィスと広告していても利用できるサービスが電話代行のみのサービスだったり、また逆に私書箱を持っていて住所レンタルと共に郵便物の受け取り代行も行っているなどサービスはそれぞれ違います。違いをはっきりさせるためにも利用できるサービスの情報はしっかり得ておきましょう。

住所をレンタルする場合、一等地の住所をバーチャルオフィスの住所として利用できるというメリットがありますが、顧客が住所検索すると全く同じ住所でほかの企業名が出てくるという事になるので、顧客が住所検索などを行った場合、信用度が落ちることもあります。

バーチャルオフィスに関しては、利用できるサービスを知っておくこととデメリットがあるという事も理解しておくべきです。どのような対応が必要なのか、またどういったサービスを求めているのか、しっかりと考えてから必要なサービスがあるバーチャルオフィスを探すことが求められます。

バーチャルオフィスの種類

バーチャルオフィスといっても種類があります。その種類によって行うサービスにも違いがあります。バーチャルオフィスの中でもインキュベーションオフィスと呼ばれるのが、起業する方々が主に利用するもので、住所や電話などの貸与、さらにコンサルティングなども利用できます。運営母体が地方自治体、公的機関などしっかりしていることが多いので、資金調達などに有利で利用料金も安いけれど、審査がかなり厳しいです。

レンタルオフィスは数名程度が入居できる事務所をレンタルとして提供してくれる業者です。バーチャルオフィスとして利用する場合でも、取引先や顧客との商談のための空間が用意されていることが多いです。

これに加えて電話代行や秘書代行業者がいます。電話をかわりに受けたり、また転送するなどのサービスを行っています。電話番号をレンタルするという事も行っており、応対する事もできるため人気があります。また私書箱を持っていることが多いので、郵便物の預かりなども行ってくれてかなり便利です。

こうしたバーチャルオフィスに参入している業者の特徴を理解し、どのバーチャルオフィスを利用する事が一番望ましいのか、しっかり考えて利用する種類を選択しましょう。

利用者が多くなっているバーチャルオフィス

SOHOなど個人で仕事を行う方、また個人で起業される方が多くなっている現代です。自宅をオフィス代わりにすることもありますが、バーチャルオフィスを構え仕事を行う方も増加しています。また通販サイトやインターネット上でサービス展開する業者などもバーチャルオフィスを利用しているところがあります。

バーチャルオフィスとはなにかというと、仮想空間に事務所を置くというイメージです。仕事を行う上で住所がない、電話番号がないというのはかなり大きなデメリットとなります。そこで実際に事務所を構えず、仮想的に事務所を作り住所、電話番号などを借りる仕組みをバーチャルオフィスといいます。

自宅を顧客や関係者に明かしたくないという時にも、別の住所を提供してくれるので安心ですし、ある程度知名度の高い地域に住所を設けることができれば信頼度もアップします。電話番号をレンタルする事で相手先に電話を掛けたとき、固定電話から発信されたように見せる事もできるため、知らない携帯からかかってくる電話には出ないという顧客にも有効です。また電話代行のサービスもあります。

借りた電話番号にかかってきた電話に対し、代行で要件を受けてくれます。もちろんその会社の名前で電話を受けますし、その会社の従業員として要件を聞いてくれるので安心です。電話があった場合、メールで電話があったことを知らせるというシステムもあります。

こうしたバーチャルオフィスを利用される方が非常に多くなっているのですが、利用するバーチャルオフィスが信用あるものかどうか、情報を集めて確認する事が必要です。当サイトは失敗しないバーチャルオフィス選びに情報収集が欠かせないという事をお伝えします。皆様のお役にたてたら幸いです。